今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

新制度の開始

平成24年1月1日以降に契約した生命保険について、新しい制度が適用されることとなりました。
保険料控除についての項目になります。
まずは保険料控除ということについてご説明しましょう。
もちろんご存知の方がほとんどかと思いますが、念のためのおさらいと思ってくだされば幸いです。
保険料の支払額に応じて所得から決められた金額が差し引かれます。
そのため所得が減る、ということになりますので所得税や住民税が安くなるものです。
これには一般生命保険料控除、介護保険料控除、個人年金保険料控除の対象となりますので、確定申告や年末調整のときには申告しましょう。
それではどのような変更があったのかを見ていきましょう。
税制改正は平成22年度に行われたものになりますが、新制度の開始は平成24年1月1日となりました。
ここで注意してもらいたいことは、平成24年の切り替わりと同時にすべての生命保険加入者に適用されるということではありません。
新たに契約した保険に関してのみの適用となります。
それでは新制度前の状況を見てみましょう。
所得税についてだけを切り取ってみてみましょう。
年間の支払保険料が2万5千円以下の場合には保険料控除額は支払保険料の全額となっておりました。
年間の支払保険料が2万5千円超で5万円以下の場合には保険料控除額は支払保険料の×二分の一に1万2500円を足したものとなっておりました。
年間の支払保険料が5万円超で10万円以下の場合には保険料控除額は支払保険料×四分の一に2万5千円を足したものとなっておりました。
年間の支払保険料が10万円以上の場合には保険料控除額は一律5万円となっておりました。
それでは平成24年1月1日以降適用の新制度を見てみましょう。
年間の支払保険料が2万以下の場合には保険料控除額は支払保険料の全額となっておりました。
年間の支払保険料が2万円超で4万円以下の場合には保険料控除額は支払保険料の×二分の一に1万円を足したものとなっておりました。
年間の支払保険料が4万円超で8万円以下の場合には保険料控除額は支払保険料×四分の一に2万円を足したものとなっておりました。
年間の支払保険料が8万円以上の場合には保険料控除額は一律4万円となっておりました。
変更点があったことはしっかりと確認し、介護保険料控除も新設されましたのでどのようにすればよいのかということはしっかりと勉強しなくてはならないでしょう。
Copyright (C)2017今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス.All rights reserved.