今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

最終的な保険受け取り額を考える

保険料がどのくらい月々家計から捻出することができるのかということが見えてきたら、今度は最終的な保険受け取り金額も見ていくとよいでしょう。
ここで気を付けてもらいことがあります。
毎月家庭でいくら支出があるのかということももちろん重要なことになりますが、先をしっかりと見通すということもまた大事なことです。
現在ひと月に20万円の支出があったとしても子供が大きくなり、高校、大学に進学となれば大きな費用がかかってきます。
それでは子供ひとりの教育にどれほどの金額がかかるのかということを見てみましょう。
まず前提としてすべてが公立ということを条件とします。
そして一般的にかかっている学校外活動費として塾や習い事も含むことも条件とします。
公立幼稚園に3年間火曜と平均では75万円がかかります。
公立小学校では6年間でおよそ200万円がかかります。
公立中学校では3年間でおよそ142万円がかかります。
公立高校では3年間でおよそ156万円がかかります。
国立大学では4年間でおよそ518万円がかかります。
それではすべてを公立、国立で通った場合の合計はいくらになるでしょうか。
この一般的な金額を合わせてみると1091万円となりました。
ここで私立であった場合のことも参考に見てみましょう。
私立幼稚園では公立の2.1倍、小学校では4.1倍、中学校では2.7倍、高校では2倍となっております。
教育として学校に通っているだけでもこれだけの金額がかかることになります。
そして子供を育てていくうえで必要なのは学校の費用だけではないでしょう。
ほしいものもあるはずです、購入しなければならないものもあるはずです。
そのことを考えると大きな金額になるのであろうということは見えてきます。
ここでは子供の教育費に注目しましたが、そのほかにも必要経費として将来見ていかなければならないものはたくさんあるでしょう。
しかし、そのすべてを最終的な保険受け取り額として計算する必要はありません。
なぜならば遺族年金もあるからです。
大黒柱である人が亡くなった場合で子供がいる場合には遺族年金が受け取れます。
また女性が一人で子供を育てていくということも簡単なことではありません。
中高齢寡婦加算という年金もあります。
一概に家計や今後の支出だけを考えて最終的な保険受け取り額を算出すると月々の保険料は非常に高額になってきます。
しかしこのように政府により運営されている年金制度もしっかりと知識として学び考慮することで月月の保険料は大きく抑えることができるでしょう。
Copyright (C)2017今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス.All rights reserved.