今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと月の保険料を決めるためには

どのような生命保険にするのかということを考えたら、最終的に受け取ることができる必要な保障額はどのくらいなのかということを先に考えると月々の支払いに苦しむことにもなりかねません。
そのため、月々支払える金額も考慮したうえで保障額がどのくらい必要になるのかということを考えてく方がよいでしょう。
これは非常に面倒な作業になりますが、しっかりと見直すためには必要なことになりますので行う方がよいことになります。
それは「家計の見直し」です。
現在保険に支払っている金額があるとしたらそれがいくらなのかということを見てみましょう。
そしてひと月の収入がどのくらいで支出がどのくらいなのかということを見てみなくてはなりません。
家計配分という参考になるものがありますのでインターネットで検索してご覧になってみるとよいかと思います。
家計配分についてみてみましょう。
例えば収入が手取りで25万円だったとしましょう。
家族構成は夫婦二人と小さな子供が一人です。
25万円と言う手取り収入を100%としてみると、食費はその16%以内に抑えるとよい、つまり4万円以内に抑えるとよい、というように家計費の適正な配分が見えてきます。
そしてその中では保険料は適正割合が10%となっていますので、2万5千円以内に抑えることが適正配分となり、家計に負担をかけない目安になるとされています。
一概にそうとはいいきれないこともあるでしょう。
ローンがあったり、一般的にかかる費用項目のほかにもかかっていることもあるかもしれません。
子供や両親の習い事ということもあるかもしれません。
さらに年間を通してみると月によって収入は変動がなくておも支出に変動があるということもあります。
例えば車検や、税金、旅行などがあるのではないでしょうか。
そういった別例もありますので、適正な家計配分というのはあくまでも参考と言うことになります。
家計を見直すということはこのように年間を通しても見なくてはならないものであり、さらには月々についても見直さなくてはならないものになります。
ところがこういった作業を保険の見直しのためにと行っていると思わぬ副産物として本来の家計で見直すべきことが見つかるというのはよくあることです。
一度決めた保険料はなかなか簡単に変更することができるものではありませんので、最初に決める金額と言うのは重要になってきます。
このようにしてまずは保険料にいくら月々支払っていくことができるのかということを考えていくとよいでしょう。

Copyright (C)2017今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス.All rights reserved.