今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

保険に入る意味を考え直す

最初の入り口から生命保険には種類があり、定期保険か終身保険か、それとも養老保険なのか医療保険なのか、早くも悩んでしまった人もいるでしょう。
それが普通です、多くの人が最初の入り口で悩んでしまいます。
それでは生命保険に入る理由ということから考えてみましょう。
家庭を持っている方であれば自分が亡くなった後のことを考えるのではないでしょうか。
実際に生命保険に加入するときの理由ではなく、生命保険に入っていてよかったと思う理由として、亡くなった後の家族へのお金というのがあります。
もし自分が家族の家計を支える大黒柱であった場合、死亡によって残った家族がどうなるのかということは不安になるものです。
充分な貯蓄があるという場合には問題ないかもしれませんが、子供がいるなどの場合、その後の教育費などの心配点が出てくるでしょう。
生活もままならなくなるかもしれません。
生命保険に入る最も大きな理由、それは「死亡後の保障」ではないでしょうか。
しかし、それだけでは保険の意味はありません。
死亡時だけに保障されるのであれば保険ではなく自分で貯蓄をした方がよい場合もあるでしょう。
保険のもう一つの理由、それが「万が一の保障」です。
この万が一と言うのは疾病であったり怪我であったりといった医療機関に診察や入院、手術などが必要となった場合です。
人間がどのようなときにどのような病気になるのかということは、どれほどに生活習慣に気を配っていたとしても、自分は大丈夫と断言できるものではありません。
そしてその病気や怪我がどの程度のものになるのかということもわかることではないでしょう。
万が一病気になったとき、怪我をしたとき、お金の心配をせずに治療に専念し、また元の生活に戻ることができる、さらには入院中の家族にもお金の負担はかけなくてすむ、というのが保険の大きな意味になるのではないでしょうか。
貯蓄性のある保険になると預金に近いものとして考える方がよいでしょう。
保険に詳しい人のほとんどが進めているのは「掛け捨て」の保険になります。
しかし自分がどのような保険が必要なのか、ということをしっかりと考える必要はあるでしょう。
保険金として最終的に受け取る金額がいくらになるのかということも気にかけるべきです。
そのことを踏まえてどのくらいの保険料を支払うことができるのかということも重要になるでしょう。
わずかな金額で充分な保障が保険本来の機能であるということはあるのではないでしょうか。
Copyright (C)2017今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス.All rights reserved.