今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

4つの種類がある

生命保険を考えるとき、どのような種類があるのか、ということが最も最初に考える項目でしょう。
特約などは後から考えるものとしてみたほうがよいはずです。
自分の目的ということを考えてみるとまずは大まかにどのようなものが種類としてあるのかということを見ていきましょう。
定期保険:一般的に掛け捨てと呼ばれているのがこの定期保険になります。
期間を決めて保障されるものですが10年から5年単位で増えていくのが一般的になっています。
保険の配当金はないとして考えてよいでしょう。
そして満期時の戻りもナシと考えてよいでしょう。
あっても微々たるものになりますので考慮するほどの金額にはなりません。
この定期保険は「大きな保障、保険料が安い」ということが特徴になります。
終身保険:定期保険は期間が決まっていますが、終身保険はその名の通り一生涯保険の保障が続きます。
払っていた保険料は死亡保険金となり受取人に戻ってくる形となります。
万が一途中で解約をした場合には解約払戻金として戻ってくることになります。
期限なく保障してくれるものであり、人間は必ずなんらかの理由で死亡することとなりますのでその死亡時には必ず保険金を受け取ることができるということになります。
この終身保険は「貯蓄性、生涯の保障、保険料は割高」ということが特徴になります。
養老保険:生存保険となるこの養老保険は死亡に重きを置いてはいません。
満期となると生存保険金を受け取ることができます。
利率は非常に高く、一般的には銀行の金利よりも高くなっている傾向にあります。
そのため、保障と貯蓄を目的として利用する方が養老保険を選ぶということが多いようです。
死亡保障も加えるとほかの保険よりも支払いが高額になりますが、死亡時の保険は必要ないという場合であればそれほどの高額にはなりません。
この養老保険は「生存保険、貯蓄性」ということが特徴となります。
医療保険:死亡時の保険ではなく、病気や障害に対しての保障となるのがこの医療保険になります。
定期保険や終身保険にも特約として医療保険をつけることができます。
独立型の医療保険は、さまざまな病気に特化した保障もありますので内容は非常に充実しているものです。
この医療保険は「保障内容の充実、保険料は設定可能」ということが特徴となっております。
大きな柱となるのはこの4種類になるでしょう。
そのほかにもお子様がいらっしゃる場合には子供保険もありますので検討の対象に入れている方もいるかもしれません。
Copyright (C)2017今かもしれない?!生命保険の見直しチャンス.All rights reserved.